gitを使った開発の流れ

gitを使った開発の流れは

  1. マスターのデータから編集用のデータに枝分かれさせる(ブランチを作る)
  2. ブランチを編集し適宜セーブポイントを作る(コミット)
  3. ブランチでの編集をマスターに統合させる(マージ)

の繰り返しです。



まず一番最初に

$ git init [ディレクトリ]

とします。
指定されたフォルダ内に.gitファイルが作られ、gitでの管理対象になります。



編集の際には

$ git branch <ブランチ名>

でブランチを作り、

$ git checkout <ブランチ名>

で指定のブランチの中に入ります。現在自分がいるブランチは

$ git branch
#   master
# * branch_a

とすることで確認できます。



作業がある程度進んだら

$ git add <セーブしたいファイルのパス>
# または
$ git add . 
# 全てのファイルをセーブしたい場合

としてから

$ git commit -m "メッセージ(変更内容などを書く)"

でブランチ内にセーブポイントが作られます。


ブランチを統合する場合は

$ git checkout <吸収する側のブランチ名(masterなど)>

で移動してから

$ git merge <吸収される側のブランチ名>

です。


最後に自分の作業をリモートリポジトリに反映させて終わりです。

$ git push origin <ブランチ名>

誰かがリモートにプッシュした更新を自分のローカルに反映させたいときは

$ git pull origin <リモートのブランチ名>

とすることで、自分の現在のブランチに対して、リモートのブランチがマージされます。

また、誰かがリモート新しいブランチを作った場合、

$ git branch <ブランチ名> origin/<リモートのブランチ名>

でリモートのブランチを元にした新しいブランチをローカルに作ります。